絶対来るから抑えとけ!! teto

teto05


前半が長いので音楽だけ聞きたい人は飛ばしてください。
突然ですが、基本的に音楽レビューなんかいらないと思っています。

ならこのブログなんだよと思う方もいると思いますが、今の時代は音楽なんてYouTubeみれば一発です。

基本的に音楽レビューなんかでは音を言語化したりしますけど、耽美的だとか普遍的だとかエッジィとかそんなんで伝わる訳ありません。
音楽理論でしっかり説明されてもその知識がないと想像すらできないし。

そりゃあ昔はある程度需要があったでしょう。インターネットが発達していない時代にはメディアに出てないと情報なんて入ってこないし、どんなバンドなのかを先に聞いた人が文章で言語化するしかなかった。

ただ、100回文章読むより1回聞くだけの方が正確に情報入ってくるし100回文章読んでる時間が無駄。

本当にいい時代になったもんですよ。だって気になるアーティストがいれば検索して聞けるんですから。

ただYouTubeで新しい音楽やアーティストを探す時というの

①好きなアーティストの関連リンクを辿って行く。
②サイトや口コミの情報で得たものを調べる。

と言ったところですが、正直時間がある人か音楽好きな人しかしません。そもそもYouTubeではバンド名を知らないとそのバンドまでたどり着くことは難しい。売れてないとなおさらです。

なので、このブログをやってます。知らないかっこいいバンドを簡易的に紹介してくれて共にYouTubeの音楽も一緒に聞けると。これで少しでもそのバンドのファンや音楽好きが増えてくれれば本当に幸いなんですよ。


ということで、今回も紹介して行きます。今回のバンドは絶対売れる、てかもう売れてるのでYouTubeでもリンクつきやすくなるでしょうがいち早く知っておきましょう。その名もtetoです。


カートコバーン?峯田?いやいや、ロックだ。



とりあえず聞いて下さい。



ほらカッコいい。これぞロックや。世間ではカートコバーンとか峯田に似ていると騒がれています。いや、峯田は分かります。まくし立てる歌い方とか彼っぽい要素はあります。誰だカートコバーンとか言ってるやつは。そもそもカートの名前出しとけばいいという風潮が好きじゃないです。そういう後ろばっか見てるから音楽業界が衰退するのよ。



こいつら見てみろよ!もう前のめり。見習って欲しい。これ、ロック好きな人だったら誰でも好きでしょうよ。この衝動。なのにメロディは日本人。この新しさ、考えついた彼らは天才。素晴らしい。




歌詞も◎。。これこそ歌、メロディありきでじゃないと成立しないような作り。。この曲とかまさにそれ。ほんと文字だけ見た時と歌で聞いた時の入ってくる情報が別物。なんだこれ。





そしてライブは毎回ハプニングを起こす。MCで日記読み上げたり、観客にブチ切れたり。パフォーマンスも最高。激しすぎてギターの弦はガンガン切れるわ、ピックガード血まみれなるわなんか毎度の事。ライブに命かけてます。死ぬなよ。。まじで。


こんなバンドです。。もう是非聞いて欲しい。エゲツないですほんま。