かっこいいのにダサい 30 seconds to mars

214729-30-seconds-to-mars

今回はハリウッド俳優が率いるバンドを紹介して行きましょう。その名も30 seconds to marsです。


30 seconds to marsとは?


30 seconds to marsは俳優でもあるジャレット・レトと兄のシャロンと共に組まれたバンドです。論文から取られたバンド名は30秒で火星に行けるくらい人間の技術進化は素晴らしいという内容の論文が自分達のやる音楽と一致していると感じこの名前にしたそうです。


音楽性としてはけっこうダークな物が多いです。というよりも俳優できて歌も上手くてイケメンてなんだ。。

2ndからどんどんと頭角を表し始めます。この『the kill』のpvはホテルで父親が狂っていく有名な映画シャイニングをオマージュした内容となっております。まるで映画。bury meじゃねえよ。

こちらも2ndから。こちらは映画ラストエンペラーから。もうPVというより作品だこれ。
サビ前のジャレッドの

「on his face is a map of the world」

の発音とか声の感じとかもう堪りません。素晴らしいです。

3rdも全体的に暗めの曲が多いですが、この曲はライブの定番です!お客さんも一緒に歌えるパートがあるので非常に盛り上がります。

またライブも評価が高く、ライブパフォーマンス賞を取っています。ただ私が言ったライブではジャレッドが喉を痛めておりアコースティックライヴみたいな感じでしたけどね。。。3曲くらいはバンド演奏でお客さんもステージに上げて大合唱でしたが、ライブパフォーマンスをめちゃくちゃ楽しみにしていたのに残念でした。。

新しい曲なんかはエレクトロな要素も盛り込みつつ、現代に合わせた楽曲に仕上がっています。こういう所も含めて非常に上手いバンドだなと思います。


ジャレッド・レトのファッション


参考URL https://scdn.line-apps.com/stf/linenews-issue-1542/rssitem-2045249/73459bb0053886a858a30cb723318eda2d2a1121.jpg
さて、彼のファッションについて見ていきましょう。まあ上記の画像を見ると分かると思いますが本当に個性的というか奇抜。


参考URL http://www.danskmagazine.com/wp-content/uploads/2017/03/image003.jpg
現在はグッチのデザイナー、アレッサンドロ・ミケーレのミューズとしてファッション界でも活躍しております。上の写真はバチクソかっこいいですけどね。。ファッション業界は彼を非常に重宝しておりますが、一般のメディアは彼をワーストドレッサーと酷評。

参考URL https://i.ytimg.com/vi/US34N7ZyBSI/maxresdefault.jpg
もう色合わせとかどうなっとるんやこれは。この一般ウケを一切意識していない、自分の好きな服を着るという姿勢よ。


ミュージシャンとしてはこれくらいでいいのでしょうけど、個人的にはもう少し一般の方も分かるようなコーディネートを組んで欲しいなと思います。

ただでさえ服が売れていない時代に彼のような着こなしを見て服が好きになったりと影響を受ける人がどれだけいるでしょうか?

確かにワーストドレッサーと言われるくらいなので何を着てるのかなど興味は持たれてはいるんですけどね。

参考URL https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/6b1160e8fc8959e3bbb669597b91297a/5B0F64F3/t51.2885-15/e35/13408750_1792624300957199_1766659493_n.jpg
でもコレクションで自分の好みの服を見つけた時のこの顔はいい顔してる。。かわいい。。こんな服好きならもう何も言えません。。これからもこの路線を貫いてくれ。

イケメンで俳優、歌も上手いくせにファッションは・・・・なジャレッド・レトですが、皆さんぜひ応援してあげてください。