レジェンドが復活!!ELLEGARDEN

20170906090643

バンドでショックな事といえば、活動休止や解散。本当によく聞きます。実際問題、才能があったとしても売れるかわからない業界なのにそれを4人とか5人で組織だって売り出していくわけですから脱退や活動休止なんかがあって当然です。

正直なところ、今の時代にバンドで成功している人であれば別の事をやっても成功すると思います。それほど売れるってことは大変だし、それを継続させる事はもっと難しいです。それが分かっているんですが、未だに好きなバンドの解散は胸が痛みます。

そんな中、再結成のアナウンスが流れるともちろん嬉しいのですが、時代は変わっているけどそれに適応できるのかという一抹の不安が残ります。
そんな感じで期待しつつも不安なバンドを紹介しましょう。その名もELLEGARDENです。

ELLEGARDENのスゴさ

10年前に大人気の中で活動休止した彼らですが、活動休止した後も定期的にボーカルの細美武士の一挙手一投足が取り上げられるのは、当時のキッズ達の中に未だに彼らの音楽が根付いているからでしょう。

今でこそ流暢に英詩を歌うバンドは多いですが、彼らが出てきてから急速に広まっています。ボーカルの細美さんは海外で働いていた事もあり、英語の発音も上手いです。そこに洋楽のクオリティに近いパンクやラウドな音楽を奏でているのでそりゃあもう騒がれるに決まっています。

英詩だが非常にエモーショナル。PVはこんなにふざけてるのに曲のカッコ良さったらない。ちなみにこのPVはもっとふざけたものにしようとしていたみたいで床がローションまみれの中真面目に演奏するといった案もあったそう。まあ歌詞がシリアスではあるのでそのギャップを狙ったんでしょう。

ラウドな曲もこの通りラウドかつエモーショナル。素晴らしいです。このラウド感は現在の若手のバンド達に受け継がれています。

日本語詩ももちろんあります。ああ、懐かしすぎて書いてる今でも泣きそう。本当に25~33歳くらいの人はドンピシャだと思います。バンドといえばアジカン、バンプ、エルレくらいの勢いでした。その中でもエルレはリア充である方達が聞いていた音楽という印象です。私は…やめときましょう。

彼らが影響を受けているバンド

逆に彼らが影響を受けているバンドはどんな方達なんでしょうか?

パワーポップというポップだけどギターサウンドが力強いジャンルの火付け役で「泣き虫ロック(失恋メインの曲)」といわれたweezerです。細美さんは彼ら好きを公言しているので確実に影響を受けているでしょう。

個人的にはblink182から一番影響を受けていると思います。彼等はポップパンクロックでアイドルを馬鹿にしたPVや裸で路上撮影を行った事が話題になり若い世代から大きな支持を受けていました。上記の曲を聞いてから下記の曲を聴いて見てください。

似すぎ。。方向性としてはめちゃくちゃ同じで影響を受けていない訳がないでしょう。

このように、今では海外のバンドから影響を受けているバンドが少なくなっています(そもそも現在海外のバンドを聞いている人自体が少ない)が、彼らはもろに影響を受けていた世代でしょう。

細美武士のファッション

さて、彼のファッションにも触れておきましょう。

 


参考URL http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/38/37/b480256e27800a94e4c6d81fb670c6f8.jpg

ELLE時代のファッションは基本的にラグランスリーブのカットソーを着用しておりました。そこにキャップやジーンズを合わせるというコーディネート。これぞ細美スタイルです。

 


参考URL https://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0404/users/21a5407f03106622a96d62b99fb310b2afc33a12/i-img720x720-15247363971sdrm417200.jpg

ここ最近ではLAD MUSICIANや


参考URL https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/loud-w/20180418/20180418162456.jpg

VIRGOと言った音楽に関する国内ブランドを着用する事が多いですね。特にこの二つのブランドはミュージシャンから重宝されており良く見かけることが多いブランドなのでチェックしてみてください。まあ細美さんのような格好をしたいのであれば、ラグランTとベースボールキャップは必須なので覚えておきましょう。

果たしてどうなるか?

さて、彼等が復活ということでファンもアーティストも総出で湧いていますが、果たしてどういう結果を残してくれるのでしょうか。パンクの流れ自体はフォーリミやWANIMAが作ってくれているのですがその路線?はたまた全く違う路線?ちなみに活動休止の理由としてはメンバー間で曲作りに対するモチベーションの差がある為、納得のできる作品を作ることができないからという理由でした。

不安もありますが、彼等なら素晴らしい作品を作ってくれるでしょう。「THE BOYS ARE BACK TOWN TOUR 2018」というライブツアーも行う予定みたいなので皆さんも期待していてください。なぜthin lizzyなのか。。では!