セットアップで簡単かつ秒速でオシャレになる!?

dfc688d71aec2c8b269fa49bd0016d26
スポンサーリンク

前回、オシャレになるためにキレイめなアイテムをコーディネートに取り入れろと語りました。未読の方はこちらから

オシャレになるコツ。キレイめなアイテムを取り入れろ!?

 

カジュアルなアイテムが溢れている中で、キレイめなアイテムを着用する周りとは差別化されてオシャレに見えるものなのですが、前回も語ったようにキレイめなアイテムは色々な要素で構成されていて物によってカジュアルに近いアイテムもあります。

例えばこちらのジャケット。いわゆるテーラードジャケットなんですか、素材がスーツなどで使われるウールではなくデニムで作られています。色もカジュアルなインディゴ。ここまでいくとキレイめというよりカジュアルよりのアイテムになります。

 

他にも色々のな要素が絡んで服は構成されているので、服の知識がある程度ないとこれはカジュアルな物なのか判断が難しいでしょう。覚えるまでが大変。

 

「やっぱファッションてめんどくさいな」

 

「コーディネートとか考えれないし、めんどくさい」

 

そんな方にうってつけのアイテムがあります。それが

 

セットアップです。

 

セットアップてなんぞや

 

用語説明から行きましょう。セットアップとは「上下揃いの服」という意味なのですが、スーツだったり上着とボトムスで素材、色を合わせた物を指す言葉です。現在ではカジュアルで着用するスーツとして使われることが多いです。

現在はスーツだけでなく、カジュアルでも着用できるようなセットアップが売られています。

 

このセットアップ、何がいいのかというと

 

キレイめなアイテムの典型であるということです。しかも、セットアップでコーディネートを組んだ場合、あと最低考えるのはインナーと靴だけ。インナーと靴に適当なカジュアルの物を取り入れたとしてもある程度サマになるのです。

 

スーツスタイルを想定させるセットアップの着こなしは男性を美しくみせるように作られたスタイルです。

 

また、ジャケット単体やスラックス単体でも使える為、キレイめのアイテムが2個も手に入ることになります。これ、買わない手はないでしょう?

しかも今年の秋冬のコレクションを見ていると、今後はジャケットにスラックスというドレススタイルをいかに着崩してカジュアルにするかというトレンドになっていくので、各ブランドともセットアップに力を入れていくでしょう。

 

力を入れていく事に何か私たちに関係あるの?と思う方もいらっしゃるでしょう。トレンドとなったアイテムは市場に多く溢れることになるのですが、その結果良い物を作ろうと各ブランドが切磋琢磨する為、良いデザインでしかも価格が素材・デザインに対してコストパフォーマンスが高いものが生まれやすくなる環境になるのです。

 

これから秋冬が楽しみですねーほんと。

 

セットアップを選ぶ際の注意点

ここまでセットアップの素晴らしさを語ってきましたが、ここで注意点があります。

例えば、こちらのセットアップ。デニムのセットアップですがここまでの物だとカジュアル寄りになってしまい、初心者の方ではバランスを取るのが難しいでしょう。

 

キレイめなアイテムが判断できるようになるには、上の画像のような黒色でウール素材でできたセットアップを選択してください。もし素材がウールなどファーマルに近い物でなくても黒であればカジュアルになりますが、ある程度素材感はわかりづらくなります。

 

そして、重要なのがスーツ量販店で買った物の使用はなるべく控えること。

 

「いやいや、それもセットアップやん」

 

量販店のスーツは仕事に使用される事を想定されて作られています。色々動き回ったりする事を想定しているので大きめに作られていたり、着丈が長すぎて他のアイテムと合わせづらかったりと色々難点がありますので量販店からセットアップを購入する場合は慎重に。

 

それからもうひとつ。

セットアップを着用する場合、白シャツや革靴を着用してしまうと仕事着感が強く出すぎてしまいます。特に革靴は上記のようなノーズ(足先)が長い物着用してしまうとフォーマル感が出すぎてしまいますので、ローファーなど少しカジュアルな革靴や、スニーカーなどのどカジュアルなものを着用しましょう。

 

さあ、みなさんもぜひトライしてみてください!!

スポンサーリンク