オシャレになるコツ。キレイめなアイテムを取り入れろ!?

mig (1)
スポンサーリンク

さて、今回はオシャレに一歩でも近づくどうしたらいいか書いていきたいと思います。普段服に興味がない人はどういうコーディネートを組めばいいか分からず困りますよね。

 

 

 

最も簡単な方法、それは

 

 

 

 

キレイめなアイテムをコーディネートのどこかに一つ入れるということです。

 

 

 

キレイめなアイテムを、上半身、下半身、靴のどこか一つでもいいので取り入れてみましょう。それだけでかなり印象が変わるはずです。

こちらなんかはテーラードジャケット以外はカジュアルなアイテムでの構成ですが、オシャレに見えるでしょう?(訂正したいとこもあるにはありますけど。)

 

これはモデルさんがいいからとかではありません。試しに指で顔を隠してみてみましょう。

 

ね。隠してもオシャレに見えるでしょう?つまりキレイめのアイテムを取り入れることができたら、あなたは一歩でもオシャレに近づくことができるのです。

 

そんなこと言われてもきれいなアイテムがなんなのか分からん!!という人も多いと思います。今後、アイテムに関しても記事にしていきたいと思いますが、簡単に説明します。

 

キレイめなアイテム=フォーマルで使われるアイテムのことです。もっと簡単に言えば、スーツ姿で使われるアイテムの事です。

 

例を挙げると、ジャケット、スラックス、ネクタイ、シャツ、ニットセーター、革靴やパーティーの際付けたりするスカーフやストール、コートなどなど。

 

これらのアイテムがフォーマルな場で使用されているイメージがあるものだから、Tシャツやパーカー・ジーンズなどのカジュアルなアイテムで溢れている普段着の中に、キレイめなアイテムをどこかに取り入れることでキレイめ・おしゃれに見える、といった感じです。

 

 

 

ただーーーし、注意点もあります。それは全身をキレイめなアイテムで固めてしまうと、ただの仕事やパーティーの帰りに見えてしまい、かっこいいとは思われるかもしれませんが、オシャレには見えないということです。

 

もう一つが、キレイめなアイテムの中にもカジュアルな物もあるのでなるべくフォーマルに近いアイテムを取り入れるということです。

 

は?とはてながいっぱいでしょうが聞いて下さい。

 

アイテムのデザインだけでキレイめなのかカジュアルなのか決まるわけではありません。それを構成する要素があります。

 

まず一つ目にデザイン。これはさきほどいったジャケットなどフォーマルな場で使われているアイテムの事ですね。これがフォーマルの場で使われるものに近ければ近いほどキレイめなアイテムになります。

次に素材です。スーツって、一般的に高級な物ほど艶が強いですよね?このように艶があったり、フォーマルな場で使われる素材の物に近いほどキレイめになります。

 

そして、色です。基本的にスーツを着る場合、黒か白が主に使われる色ですよね?フォーマルで使われるこの二色や黒に近いネイビーなどのダークトーン、白と黒の補色である灰色はキレイめな物になります。逆に、赤や黄色などの原色はカジュアルとなります。

最後にサイズです。フォーマル、言うならスーツは、自分の体形にジャストなものを着用するのですが、そうすると必然的に細身の物となっていきます。(これは一般的な話で、体重が100キロある人ジャストサイズの物が細身なのかどうかは置いといて笑)。細身のアイテムほどキレイめ、大きめのアイテムほどカジュアルとなるのです。

 

これを目安に自分のコーディネートに取り入れることによって格段にオシャレに見えるようになります。ファッションの着こなしを指南しているブロガーの方はキレイめ(その方はドレスと呼んでいます)とカジュアルの割合を7:3に調節してあげればいいと言っていたり、あるファッションのユーチューバーの方はキレイめとカジュアルで中和させればいいと言っていますが、それと同じ考え方です。

 

 

 

まあ他にも色々細かい着こなし方などあるにはあるのですが、今回は簡単に説明しました。参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

オシャレになるコツ。キレイめなアイテムを取り入れろ!?” への1件のフィードバック

コメントは停止中です。