サイト名とブランド名変更について

スポンサーリンク

またまたこんにちは。この度、サイト名とブランド名を変更させていただく事になりました。

 

新しいサイト名、ブランド名は

 

【mania in general】(マニア・イン・ジェネラル)

 

です。ブランドコンセプトは

 

躁鬱はデフォルト”

 

この名前に変更する経緯を話していきたいと思います。

 

今まではmodaddictionで活動していたんですが、ずっと活動している内に何か違和感を感じていました。音楽をリソースとして、また音楽に関連するブランドなんて山のようにあるし、ただの自己満なんじゃないか?と思うようになり徐々に活気が自分の中で無くなっていく感覚に陥りました。

 

そんな中いつも通り音楽を聴いてるとある曲に耳が反応しました。その曲というのがtoeのグッドバイという曲でした。

この曲を初めて聞いた時、鳥肌が立ちました。toe自体はインストバンドでほとんどボーカルが入った曲がないんですが、これは土岐麻子さんをボーカルに迎えて作った曲です。(厳密にはtoeのメンバーが歌っているヴァージョンが先にあるんですが。話すと長いので今度彼らの記事を書こうかな)

 

この曲、楽器隊がいいのはもちろんなんですが、歌詞もすこぶるいいんです。

この歌詞の中に

 

“Everyone is mania in general”

 

という歌詞が出てきます。この和訳を確認してみると、

 

“躁鬱はデフォルト”

 

と本人達が訳しているんです。この訳し方、本当に感銘を受けてしまって、ああ、この言葉しかないなと思うほど納得しました。

今の世の中、誰でも気分の浮き沈み、つまり躁鬱なんて当然にあるものだよと。

 

 

あまり話したくはありませんが、実を言うと私も精神を病んでしまった者の一人です。ある日、これはおかしいと病院に言って告げられた病名が躁鬱病でした。気分がいい時の躁状態では色々こなせるんですが、躁状態では気持ちも高ぶっている分周りに迷惑をかけたりするし、その後に来る鬱状態では躁状態にやってしまった時の事を思い出し落ち込むし、体はうまく動かないし、どんどんネガティブのスパイラルに陥ってしまう、布団からも出れない状態になるといったサイクルを繰り返す生活。

 

社会不適合者の烙印を押されたようなものです。そんな中でこの曲は躁鬱なんて一般的だよと言ってくれることがどんなに嬉しかったか。数えきれないほど音楽には助けられてきましたが、これほど助けられた事はありません。

 

今も波はありますが、なんとか以前と比べて一般の人と変わらないような生活をできるまでには回復しました。

 

そんな感じで【mania in general】という言葉に感銘を受けて現在があるのですが、この体験をみんなに共有できないかと思い考えてみました。

気分の高揚を変化させるもの、気分の浮き沈みを認めてくれるものって何だろうと。

 

・・・ファッションがそれに当てはまるんじゃないかと。ファッションは着る服、組み合わせ次第でその人の気分を表してくれるんじゃないかと。気分の浮き沈みもファッションでコントロールできるんじゃないか?そんな服を躁鬱である私なら作れるんではないか。。

 

こんな考えに至り、ブランド名やコンセプト、サイト名まで変更したいと思うようになった次第です。

 

鬱状態にある人は何を着るかと考えることすら苦痛になります。私もひどい時はコーディネートを考えることさえできず、でも外には出なくてはいけないので適当な格好になってしまい、帰ってきて憔悴してしまいます。

そんな苦痛を取り除けたら、外にも出やすくなるんじゃないか。自分が作る服やコーディネートを提案してあげたらそういった気分も薬と同じ様にある程度コントロールできるんじゃないかと思いました。

 

気分が高揚している時はベーシックで落ち着いた服を、落ちている時は気分が高揚するような服、または気分に合わせ同調した服を。

 


難しいかもしれませんが、この名前とコンセプトでやってみたいと思います。今後もmodaddiction改め、mania in generalをよろしくお願い致します。では

 

スポンサーリンク