最近の若い子達って洋楽を聞いていないの?

lgf01a201401101800
スポンサーリンク

皆さんはどんな音楽を聴いていますか?私は幼少から色んな音楽を聴いてきました。(一回り上くらいまでだったら音楽の話は付いていけると思います)

さて、中学くらいから主に洋楽のロックを聴き始めCDを買い漁るといった青春時代を送っていたのですが最近の若い子って洋楽を聴いてるんでしょうか?

邦楽界の若手は聞いていない?

最近売れていて邦楽界を引っ張っている若手バンドKANA-BOON。

彼らが音楽を始めようと思ったきっかけがマキシマムザホルモンを聴いたからとの事で、憧れとしているバンドはアジカンこと、Asian Kung Fu Generation。彼らのルーツは邦楽にあり、曲調も表拍だったり、メロからサビへの展開だったり、コード進行が複雑だったりと邦楽らしさが漂っています。

ではアジカンはどうなのでしょう?2000年代、邦楽ロックの代表と言っても過言ではない彼ら。彼らの音楽のルーツは洋楽にあります。もちろん洋楽からしか影響を受けているわけではなく、ナンバーガールズなどの邦楽勢からも影響は受けていますが、洋楽では特にOASISからの影響というものは大きいでしょう。他にもRADWINPSなどのバンドもOASISから受けた影響は測りしれません。

またELLE GARDENなどはWeezerやBLINL-182などに強く影響を受けています。


初期のDragon ashなんかsmashing pumpkinsからの影響が大きいでしょう。てかそのままかこれ??

このように以前までは邦楽は洋楽のフォロワーで賑わっていました。でも現在は様子が違い、邦楽から影響を受けてバンドを始めている層が多くなっているようです。

「学生時代はONE OK ROCKとかSEKAI NO OWARIを聞いてました。」

何だと?って感じですよね。そう、若い世代は今やそういう時代なんでしょう。今やYoutubeなどで色々な音楽が探せる時代なのにですよ。昔はCDを探すのも大変だったのに。

そもそも洋楽って探しづらい。

そもそもの話ですが、洋楽で好きな音楽を探し当てるのって本当難しいです。なぜなら、メディアでは圧倒的に邦楽が流れている事が多いです。さらに日本語ではなく、英語で歌われる事が多い為、グローバル化が進んでいる現在でも英語ができない、わからないと言った人が大部分である為歌詞で音楽を楽しむと言った側面が失われてしまいます。

つまり、音と雰囲気を楽しむ物として聞いている層が多いのです。(まあ歌詞まで完全に理解して聞いている方もいらっしゃるでしょうが、一部分の方だと思われます。)
この時点でだいぶ人数が絞られてくるでしょう。

さらに、先ほども言ったように邦楽に比べて洋楽の情報を扱うメディアも多くなく、本当に興味がないと自分の好みである洋楽にたどり着く事はできないでしょう。また、以前は雑誌の力も大きく洋楽を紹介している雑誌なんかで情報を得る方も多く、その情報を周囲の音楽好きと共有するいう文化があったので、洋楽フォロワーといわれる世代も多かったです。

現在では雑誌の影響力も薄くなり、全盛期を過ぎた大御所バンドばかり紹介して売上をなんとか維持している始末。読者層は年代が高く、若い層はほとんど購買していないみたいです。

でも勿体ないなーとは思うんですよね。邦楽が悪いという訳ではないのですが、洋楽は音楽的にもジャンルが幅広く多種多様です。また練習をする場も日本とは段違いに環境が整っていますので、演奏技術も日本よりも断然高いです。

ただ言語が違うからといっただけで敬遠するのは非常にもったないと思うんです。しかも昔と違って、ネットが台頭してきて興味のあるジャンルはすぐさま、しかも無料で調べ聴くことができるのです。ジャケ買いとか今の子達分かるのかな?(笑)とにかく便利な世の中になりました。

できるだけ好き嫌いせずに、色々な音楽に触れてもらえたら嬉しいなと思います。では

 

スポンサーリンク