服の良し悪しはデザインだけで決まらない?良い服を作る為には

slide1
スポンサーリンク

photo by http://www.img-com.jp/
こんにちは。今回は服の良し悪しはどこで決まるのかという点について書いて行きたいと思います。

さて、皆さんは服を買う時どんな部分を見て購入を決めますか?デザインだったり色だったり、品質だったり生地だったり産地だったり色々な決める要素があると思います。

以前も申しましたが、1つの服を作るのにもたくさんの方が関わっています。服のデザインを考えるデザイナーや、服の設計図を考えるパタンナー、生地を扱う生地屋。縫製を行う工場などなど。ゆえに1着の値段が高くなってしまうとも説明しましたね。

こういった色々な要素が複雑に関わって良品という物が生まれるわけです。デザインが優れているから良い物になるわけではありません。

例えば今、私は自身のブランド「modaddiction」のTシャツを鋭意作成中ですが、何度も作り直しを行っています。デザインやパターンが同じであっても、生地や縫製が違うだけで商品は全く違う印象になります。艶感があったり細く見えたり、逆にマットな表情になったり太く見えたりなどなど。

photo by http://www.essence-web.jp/blog/2013/04/page/2

例えば八重樫学氏のブランド、「LOUNGE LIZARD」の加工デニムは人気のアイテムです。もちろん海外のブランドの生地なんかに比べると質感は劣るかもしれませんが、生産の工場はデニムの聖地である岡山のカイタック社に依頼しており、加工工場のニッセンファクトリーでウォッシュやブリーチ、ダメージやリペアなどを行っており、縫製や加工などでデザインや生地の価値以上に素晴らしい出来となっております。

あ、工場名明かしてよかったのか心配になってきた。笑 基本的に工場やブランドはお互いに関わりを持っている会社の名前などは契約の関係なのか明かしてません。まあここで作っているよと公表してしまったら真似されてしまいますからね。工場側は自分達がどんな物をつくっているかを紹介する時は某有名ブランドだとか表現で紹介します。でも確かファッション誌にこの情報を載せていた記憶もあるので大丈夫ということにしておこう。

話が逸れそうなので戻しますが、縫製や加工でも商品の印象は大きく変わるのです。

それゆえに、デザイナーは素晴らしいデザインを生み出す事だけが必須なスキルな訳でなく、いいパターンを引いてくれるパタンナーを知っているか、優れた技術を持った工場や生地屋と知りあえるか、またはコネクションを持っているかという事が肝心になってきます。

逆に言ってしまえば、デザインはできなくても、優れた工場や生地屋などのコネクションさえあれば、あなたも素晴らしいデザイナーになることができます。

ただし、優れた工場を知っていても仕事を受けてくれるかは分かりません。優れた技術を持った工場は大抵有名なブランドと契約を既に結んでいて、そこの受注で生産ラインがいっぱいというパターンも多く、そういった場合は他の仕事を受ける事ができない状況となっています。

そんな状態なので閑散期でもいいから作って欲しいというブランドも多く、1年中工場を稼働させている場合も少なくないのです。

私の知り合いのデザイナーなんかは月の半分は工場探しで出張をしていると言っていました。しかも全部飛び込みでやっているみたいです。その方はある土地に有名な工場があるという情報を聞いたらその土地に行き、その土地についたらまず電話帳を探し、工場の電話番号を調べて片っ端から電話して工場を見て回るそうです。(インターネットサイトを作っていない工場も多いため。)その行動力見習いたいものです。

あとはそうですね、細部のパーツなんかも商品の良し悪しに関わってきます。例えばシャツのボタンやジーンズのジッパー部分ですね。これが良い物を使っていればデザインが野暮ったいものとかでも不思議とそれなりの商品に見えたりします。たかが細部、されど細部です。「神は細部に宿る」とはよく言ったものですね。

デザインのみでなく色々な要素が絡み合い、良い服が生まれる。作るブランド側は大変ですが、非常に面白いです。私も早く次のサンプル品ができないかと楽しみに待っています。納得できるサンプルが出来上がったらここでも紹介しますので皆さんもお楽しみに。はあ、サンプル代高いなー。ではでは

スポンサーリンク