流行と定番について。本物とファッションアイテムの違い

cd93b5e49732dc55a9be49c20951b1d8 (1)
スポンサーリンク

photo by http://mensdrip.com/fashion/vetements
お久しぶりです。今回は流行とは何か?定番とは何かについて書いていきたいと思います。

流行で生き残ったアイテムが定番となる!?

まず、流行についての流れを説明しましょう。まず、ファッションの流行の場合はパリやミラノのコレクションに出場するようなコレクションブランドが打ち出すデザインやテイストが基になります。(トップ画像は16AWのヴェトモンのコレクション。エクストリームシルエットというビッグシルエットをさらに推し進めたスタイル。来期の流行ですのでチェックしてみてください)

パリコレクションやミラノコレクションを見たバイヤーやモデルなどのファッション関係者がそこで展開したスタイルやテイストを真似し始めます。

そして海外ブランドがそれを模倣し、さらにそこの顧客がそのスタイルを取り入れ、国内のブランドが・・・という順序で流行は流れていきます。最終的に流行はファストファッションといわれるユニクロなどの大量生産をしているブランドまで落ちていきます。最上層が海外のコレクションブランドやトップメゾンで、最下層がユニクロなどの大量生産ブランドです。

アイテムで説明しましょう。例えば以前紹介したエディ・スリマンがDior hommeのデザイナーだった時期に発表したスキニーデニム。(当時2005年)


photo by https://jooy.jp/4399

当時はパンツは比較的ゆったりしていたデザインが多かったのですが、スキニーデニムを取り入れたスタイルが新鮮に映り上層のブランドだけでもなく、下層のブランドにもどんどん模倣されていき、街でも着用している人が溢れました。そこから遅れてファストファッション勢も模倣し始め瞬く間に一般層まで広がっていきました。

しかし、ある程度するとこの流行は廃れて行きます。その理由は
皆が着用することで、差別化ができなくなるからです。

オシャレとは言いかえれば周りとの差別化です。新しい流行を先駆けて取り入れたり、Tシャツやジーンズ、パーカーなどのアメリカンカジュアルが溢れている日本でキレイ目の格好をすることで周囲の人と差別化され、オシャレに見えるという寸法です。

周りの皆が同じものを身に着けていたらオシャレとは思いづらいと思います。差別化になりませんからね。

 

例でいうとニューバランスのスニーカーが顕著ですね。一時期は皆が履いていましたが、街に溢れ過ぎて差別化ができなくなった為、以前よりは廃れてしまっています。溢れているといえば、今同じ境遇に立っている商品はアディダスのスタンスミスでしょうかね?昨年はスニーカー業界はノリに乗っていて、スニーカーが売れまくっていました。

話が逸れそうなのでこの辺りで止めときます。。

まあまとめる、街に溢れ過ぎて皆に広まってしまうとそのアイテムは廃れて使われなくなってしまうのが流行の終わりです。

 

しかし、流行が終わってもそのまま着続けられるアイテムがあります。それが定番品と呼ばれるものになります。
スキニーデニムなんかまさにこれだと思います。

スキニーデニムが発表されてから11年経ちますが、現在もちらほらと街で見かけると思います。ユニクロなんかはスキニースキニー言ってますしね。

流行が廃れても本当に優れているアイテムはそのまま残ります。スキニーデニムは色々な面で優れていたの現在も定番品=本物として残っているのです。

スキニーデニムは細身のデザインの為、ゆるいパンツなどと比べた時に簡単に大人っぽく見せることもできるし、色々なスタイルに取り入れやすいという面があります。

体型を綺麗に見せるために構築するシルエットが3つあるのですが、その3つが

1.Iライン(上半身細め、下半身細め)
2.Yライン(上半身大きめ、下半身細め)
3.Aライン(上半身細め、下半身大きめ)

というものです。よく考えてみましょう。スキニーデニムは細身のパンツです。スキニーデニムを持ってさえいれば、IラインかYラインを自然に作ることができるので、綺麗なスタイルも簡単に作ることができるのです。それゆえに他のアイテムとも合わせやすいのですね。

Tシャツコーデメンズ
photo by http://loveclothing-blog.blogspot.jp/

ノームコアメンズ
photo by http://preludetoreality.tumblr.com/

他にも定番品としてはピーコートやインディゴデニムなどがありますが、それらにも明確に他と優れている部分があるので現在も使用されているのです。

 

音楽も同じでしょう。あるジャンルが流行って一時的に売れても10年後に残っているアーティストなんて一部でしょう。その残っているアーティストが本物であったというだけです。

 

模倣すると劣化する?お勧めの服の探し方

ファッションの流行は模倣することによって世に広まっていくと言いましたが、模倣するとはコピーするということですが、コピーに劣化は付き物です。トップメゾンで作られたアイテムとファストファッションで作られた同じアイテムを比べてみると一目瞭然ですが、全く違う物となっていることもしばしば。

 

源流であるトップブランドの商品を買うこともいいでしょうが、いかんせん値段が高いです。Tシャツで数万とかもザラ。。現実的ではありません。一番賢いのは、なるべく劣化していない模倣商品を探すことです。

劣化しているかどうかは源流を知らないと比較することができませんので、まず源流を知るためにトップブランドを置いてあるショップに言ってバンバン試着しましょう。そうすることで、源流がどういった物なのか知ることができます。

源流を知っていれば、流行では下層とされているブランドでも劣化してない模倣商品を探すことも可能となります。

試着するだけで買い物をしないというのが申し訳ない、無理という方もいらっしゃると思いますが大丈夫です。ショップには多くのお客さんが来て、商品を買う方は一部です。つまり販売員はあなたが思っている以上にお客さんにアプローチしたとしても購入されずに断られているのです。あなたが試着してその商品を買わなくても、販売員はあなたが思っているほど何も思っていません。そういうものという認識がありますからね。

「今日は試着だけで」、「見に来ただけです」などというセリフを言ったとしても販売員は邪険に扱うこともないので是非勇気を持ってトップブランドの商品を手にとって見ることをお勧めします

少しでもいいファッションライフを送れるように願っています。では

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク